オスコアラの魅力

コアラの雌雄の見分け

『コアラ』と聞いてまず思い浮かぶのはどんなコアラですか? 全身で木にしがみつく独特の寝姿、母コアラに背負われる赤ちゃんでしょうか。 このページではTVや雑誌などではあまりフィーチャーされないオスコアラの魅力についてご紹介します。 読み終わるころには雌雄の見分けがついてオスコアラにメロメロ…のはずです!

この2頭はそれぞれ大人のオスとメスのコアラです。 日本の動物園でメインに飼育されているクイーンズランド州生まれの血筋のコアラたちの全長は雌雄に大きな差はありません。 ただ、体重の平均はオスの方が2kgほど重く、見た目にずっしり感がある個体もいます。 全長体重が小ぶりな個体もいるなかコアラの雌雄をわかりやすく見分けるには…? 触れない、測れない、そんな状況でもぱっと見てわかるポイントがあります。 それは、胸元です。

続きを読む
オスの胸元には茶褐色の縦筋があります。 個体によって発達具合は異なりますが、上の画像の個体のタイチくんはしっかりと臭腺が発達しているのでメスとの違いがはっきりと見て取れるかと思います。 下の画像の個体のジンベランちゃんはメスなので胸元は真っ白でふかふかです。 余談ですが、コアラーの間では発達した臭腺はカツサンドの断面に例えられることもしばしばあります。 というわけで、上がオス、下がメスのコアラです。 動物園でコアラを見つけたらぜひ一度オスとメスの胸元を比較してみてください。

大人コアラの見分け方はおわかりいただけたでしょうか。 では、上の2頭の子どもコアラはどちらがオスかわかりますか? 正解は下の個体がオスです。 上の個体が多摩動物公園のきららちゃん、下の個体が埼玉こども動物公園のピリーくんです。 臭腺がまだ発達していない子どものコアラの見分け方のコツは横顔にあります。 オスは平らなおでこからまっすぐ鼻筋が太めのしっかりした鼻が伸びていて、比較的『く』の字に尖った横顔をしています。 メスは丸みのあるおでこから鼻筋が細い小さめな鼻が伸びています。 この見分け方は正直コアラに慣れた人向けです。

オスコアラの推しポイント

上記ではコアラの雌雄の見分け方を書きましたが、この項ではオスコアラの推しポイントをお伝えします。筆者が思うオスコアラの魅力的なポイントは大きく分けて3つあります。
  • 縄張りアピール
  • 哀愁のある背中
  • みっちりと詰まった毛並み
どれもメスコアラにはみられない特徴です。 順を追ってご紹介いたします。

縄張りアピール

コアラの雌雄のうちオスだけに見られる特徴は臭腺だけではなく、主に春頃の発情期になると変わった鳴き声を出す点も挙げられます。 コアラの鳴き声を聞いたことはありますか? 筆者は初めてオスコアラの鳴き声を生で聞いたとき絶句しました。 あまりに鳴き声がおどろおどろしかったからです… 低く、唸るような音のあとにしゃくりあげるような独特のリズムはかわいらしい見た目から想像のつかないほどハードでした。 (東山動植物園公式Youtubeより引用)
続きを読む
蝉などの生き物が高音で自分の居場所を示すように大勢でけたたましく鳴くのに対して、コアラは一匹ずつ低音で自分の声を響かせます。 不思議なことに他のオスが鳴いているときは様子をうかがうように静かに耳を澄ませているのです(もしかしたらこの行動は動物園のコアラだけかもしれません) そして、自分以外のオスコアラが鳴き止むと今度は自分が鳴き始める、というさながらラップバトルのような鳴き声の応酬があります。 ぜひ動画サイトで『コアラ 鳴き声』と検索して動物園公式だけでなく来場者がアップしたほかの動画も見ていただきたいです。 コアラの鳴き声に慣れてくると、より大きく低い唸り声を上げるために一生懸命全身を使って鳴いている姿にじーんとくるようになります。 普段寝ているか食べているかのコアラの力強さと生命力を感じる貴重なワンシーンです。

哀愁のある背中

基本的に動物園に住むコアラのオスは個室住まいです。 これは縄張り意識が強いオス同士がケンカをしないための配慮で、生まれたときは母コアラと一緒に過ごすオスコアラは親離れをしたタイミングで個室へ居を移します。 コアラは1歳半前後にひとり立ちすることが多いため、国内ではオスコアラが他のコアラとじゃれあっている姿をみることができるこの短い期間は非常に貴重です。 海外の動物園では生まれたときからずっと一緒に過ごしているオス同士が同居しているコアラ舎もありますが、国内でのブリーフィングローンが頻繁に行われる日本のコアラには不向きです。 大部屋でにぎやかに暮らすメスコアラたちに対して低い鳴き声でアピールしたり、ひとりマイペースに寝起きして過ごすオスコアラの姿もまた魅力的です。

みっちりと詰まった毛並み

国内のメスコアラは毛足がオスコアラより少し長くふわふわとしたやわらかそうな見た目をしていますが、オスコアラは毛足が短く、みっちりと詰まった高級絨毯のような見た目をしています。
これに関して専門家の意見は見かけられませんでしたが、毛足の短いオスコアラの方が体のシルエットがわかりやすく、コアラの特徴的な曲線のある背中のラインを美しく強調しているように見えます。
個人的な感想ですが、コアラ自体の持つ骨格をより観察できるオスコアラの毛並みはとても魅力的です。
ぜひコアラ舎に足を運んで見ていただきたいポイントです。